留学生就職支援 日本人留学生の就職支援のご紹介

主に高校卒業後、海外の大学に進む人たちの支援です。2年制と4年制があります。

志を持って海外大学に留学する学生達が安心して留学期間中を勉強に集中しながら、日本での就職活動に遅れない準備と内定を取る力をつけていきます。

留学時期に陥りやすい情報不足やノウハウ不足を補うことができれば、留学が強みになる大学生になり有利な就職活動をすることができます。本プログラムは協力バックアップで内定を取る方法を教えます。

10種のサービスラインナップ

1.就職活動全般のガイダンス
留学に向かう学生達になぜ留学するのかを再確認させ、どんな意識で留学期間を送るべきかを説明します。ただ行くのではなく留学時の就活不安を確実に減らすことができます。
2.留学生が知っておくべき認識と活動の配信
変わりゆく日本の就職情報を定期的に伝えます。業界の変化を知り、企業の採用状況を常に知ることができ、留学生が陥りがちな日本の情報不足を補えます。
3.内定の3つのハードルの説明とその対策
エントリーシート通過、筆記試験、面接、これらを全て通過した人だけが内定を取れます。その内容と演習やロープレを通して無理せず内定を取れる指導を長期的に行います。
4.企業研究の仕方
企業についての知識を持ち、大学生が就職活動で行き詰まらない情報提供をします。企業を知ることと自分を知ることができれば、就活の多くの問題はなくなります。
5.自己分析の方法
就職活動は詰まる所、自己分析と企業研究だと言われます。それほどこの自己分析は大切です。自分の特長を知って、企業の求める人物像を知れば内定は時間の問題です。
6.企業説明会の歩き方
合同企業説明会という求人企業が集まる会場に行き、自分のアピールの仕方を教えます。米国ではボストンで行われるキャリアフォーラム前の講義で内定が取れるようします。
7.就職活動の認識を正確に把握する
就職活動では高い競争を勝ち残った人だけが内定を取れます。何十社も落ちた学生は自信が消え、就職活動を止める人が何千人もいます。そうならないための徹底指導を行います。
8.グループ・ディスカッション(GD)の実施
集団の中で自分がどんな力を発揮し、どんな役割をして内定を取るか。GDを通過するために直接活かせるロールプレイを行います。経験値を積み、安心して本番に臨めます。
9.面接対策
個人面接、集団面接、グループ面接と、3つの面接を多くの会社は行います。人事採用経験者などがロールプレイを行い、単刀直入にアドバイスして本番で受かる練習を行います。
10.国内大学生との交流
日本の大学に通う学生との交流を行います。それにより就職活動の心構えや準備の質、活動の仕方など生の情報や意見交換ができます。

個別コース

1.個別の質問への対応
留学中にも就職活動に関する質問や疑問に答えます。いつでも気になることを質問できます。質問内容は登録者全員の共有財産として常に登録者が閲覧できるようにします。
2.個別対策の実施
就職時期に起こる問題はほとんど個別問題です。その質問や悩み等について、帰国時にカフェや教室等で個別の質問に答えることができます。

期間

3年間
ガイダンス時間:2時間

<対策講座>
自己PR: 3時間×3回= 9時間
筆記対策:5時間×3回= 15時間
面接対策:3時間×3回= 9時間
企業研究:2時間×3回= 6時間
個別相談:2時間×10回=20時間
個別添削:1時間×15回=15時間
合計76時間(22万円/人:6111円/月)

2年間
ガイダンス時間:2時間

<対策講座>
自己PR :3時間× 2回= 6時間
筆記対策:5時間× 2回=10時間
面接対策:3時間× 2回= 6時間
企業研究:2時間× 2回= 4時間
個別相談:2時間× 6回=12時間
個別添削:1時間×10回=10時間
合計48時間(18万円/人:7500円/月)

1年間
ガイダンス時間:2時間

<対策講座>
自己PR :3時間×1回=3時間
筆記対策:5時間×1回=5時間
面接対策:3時間×1回=3時間
企業研究:2時間×1回=2時間
個別相談:2時間×3回=6時間
個別添削:1時間×5回=5時間
合計24時間(12万円/人:10,000円/月)

*どのコースも登録と入金が確認できた後から、サービスが始まります。

サービスの流れ

料金体系

1 4年制の場合 22万円/4年間
2 2年生の場合 18万円/2年間
3 1年生の場合 12万円/年
4 ボストン・キャリア・フォーラムのみ参加 $5万円/3日

*サービスは、登録及び入金確認後から開始します。
*学習およびサービス内容に関する学生の記録は当社が管理し、必要に応じて随時対応します。